【詩】「あなたからのおくりもの」―分かち合いに参加された方々の言葉から―

【詩】
「あなたからのおくりもの」―分かち合いに参加された方々の言葉から―
作者 山下 文夫
いのちあるものには終わりがある
人のいのちも終わりがある
そんなことは分かっていました
・・・・・・・・
でも どうしてあなたが

あなたは 私たちの宝ものでした
・・・・・・・・
ぜったいに うそ
まちがいに決まっている
夢にも思わなかったのに

なぜ・・・・ どうして・・・・
だれか 教えてください
あの子が わたしたちが
何か悪いことをしましたか
あんなにいい子だったのに
あんなに小さかったのに
まだ ちょつとしか生きていないのに
もっともっとしたいことがあったのに
代われるものなら 代わってあげたかった

朝になったらいつものように人が歩いている
車が走っている
電車が動いている
テレビで人が笑っている
まるで 何ごともなかったように

家にいても
道を歩いても
あなたとの思いでばかり
あなたの声が
あなたの足音が
聞こえるよ

あなたに会いたい
今すぐ会いたい
ぎゆーーっと抱きしめたい
あなたのにおいが
あなたのぬくもりが
あなたの柔らかさが
今も 忘れられないよ
もう一度会いたい
たまらなく 会いたい

あなたがいて
私たちがいた
そんな何でもないふつうの毎日がどれだけ幸せな日々であったのか
皆がそろっているだけで
それが どれだけすばらしいことか
今になって 分かりました

春は桜散る通学路
大きなランドセルがゆれている

プールではしゃぐ子どもたちの声
へいのすきまから あなたをさがす

音楽に合わせて行進する子どもたち
こんなにいっぱい子どもがいるのに
あなたはいない
「サンタさんへ 妹を返してください
おねがいします
ほかのおくりものはいりません」と
お兄ちゃんが手紙を書いた
クリスマス

これから何度 このきせつを
くりかえすのでしょう

ことしは はたちになりますね
「いってきまーす」の声をのこして
あのわかれた日から
あなたと私たちの時間は止まっています

家族の話はさけたい
同情してほしくない
幸せそうな人がねたましい
そう思ってしまう自分がいる
でも そう思って苦しんでいるのは
私だけじゃなかった

きのう 夢で会えました
うれしかったよ
あの時のままのえがおで
「もう泣かないで 元気出して」って
はげましてくれたね
一番苦しかったのはあなただったのに
・・・・ ごめんね

あなたに会えてよかった
みじかい間だったけど
たくさんのことを教えてくれました
生きているだけですばらしいこと
生かされているいのちにかんしゃすること
生かされている今を
しっかり生きること

私たちのところに生まれてくれて
ありがとう
あなたの分もしっかり生きていくからね
これからも ずーーっと親子だよ
ずーーっとね
またいつの日か 会えるよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です