2012年4月25日 産経新聞掲載記事

はすの会 新聞記事20120425

JR脱線7年 きょう追悼のつどい

遺族ら「はすの会」 心の傷支え合う

平成17年4月に兵庫県尼崎市で乗客106人が死亡、500人以上が負傷したJR福知山千脱線事故は25日、発生から丸7年を迎える。午前9時ごろからJR西日本主催の追悼慰霊式が尼崎のアルカイックホールで開かれ、事故発生時刻の午前9時18分に黙禱をささげる。午後からは遺族らが同ホールで「追悼と安全のつどい」を開き、JRに死の安全対策を点検・検証する第三者機関の必要性を訴える。

事故の遺族らは7年間、突然肉親を失った苦しみと向き合い続けてきた。大学1年の次女=当時(18)=を亡くした兵庫県宝塚市の夫婦は3月、家族を失った人の悲しみを受け止める「はすの会」を立ち上げ、「他の遺族の役に立ちたい」と願う。

事故の刑事責任をめぐっては、業務上過失致死傷罪で唯一、神戸地検に起訴されたJR西の山崎正夫前社長(68)に対する無罪判決が1月に確定した。同罪で検察審査会に強制起訴された元相談役、井手正敬被告(77)ら歴代3社長の初公判は7月に予定され、全員が無罪主張の方針を示している。